日本の結婚式と歴史

日本の結婚式の形式は「婿入婚」が基本でした。新郎が嫁の家に入り暮らすということが基本だったのです。「婿入婚」は、貴族社会を中心にして伝統的に行われてきましたが、鎌倉時代に入ってからは武士の勢力が顕著になるに従い「嫁入婚」へと変わっていったのです。鎌倉時代には、武家のための儀礼が確立されており現代まで残されている作法の原点となっているものです。鎌倉時代が終わり、江戸時代に入ると裕福な町人階級が武家の結婚風俗を手本にした婚礼が多くなりました。とても華やかな婚礼へと変化したのです。

そして、明治時代には、西洋文明開化思想の影響によって結婚儀礼のなかにも人前結婚などの宗教性のない婚礼が行われるようになりました。「神前結婚」と同じように普及していったとされています。【宴会の作法】日本のとても古い習慣と言えるものなのですが、宴会にはとても厳格な作法があります。酒宴であってもお客様が席についてからすぐに出てくるものではなく、高坏にもてなしの料理を運び終えてからお酒が振舞われるのです。

その後には酌人が上席から酒を注いでまわるのですが「一献」と呼ばれているものです。「二献」「三献」と続き、座を閉じることによって宴は終わります。宮廷も民間も同じ作法で宴会が行われていました。平安時代には「公家式結婚」が行われていたのですが、貴族の子女は幼小のころに婚約することが決められていたそうです。今の日本では考えられませんが、海外では今も行われている国もあります。

◎関連サイト
結婚式の2次会にも着て行けるパーティードレスなどを専門に販売している通販サイトです → パーティードレス 通販